ヤッペ法のデメリット|比較的安価な緊急避妊ならプラノバールを使ったヤッペ法

比較的安価な緊急避妊ならプラノバールを使ったヤッペ法

ヤッペ法のデメリット

お皿に乗っているカプセル

プラノバールはエチニルエストラジオールとノルゲストレルの2つの合成ホルモンを主成分に作られています。
緊急避妊以外にも様々な用途がある薬で、決められた日時に服用することで避妊を行う他、生理不順や不妊症などにも使用することができます。
そんな便利な薬ですが、プラノバールなどのピルを使ってヤッペ法を行うと、一度に服用するホルモン量が多いため、気持ちが悪くなったり嘔吐してしまったりする傾向があります。
体内の女性ホルモンのバランスが急激に変化するため、身体がその変化についていけず、結果、吐き気などの症状が出るのです。
つまり、副作用が現れる確率が高いことがヤッペ法のデメリットになります。
緊急避妊を行った女性が嘔吐してしまうというイメージが強いのには、このような理由があったのです。

しかし、吐き気を抑えられずに嘔吐してしまうと、せっかく飲んだ薬が体内から出てしまい、効果を得られなくなってしまいます。
なのでクリニックによっては吐き気止めを一緒に処方してくれることもあり、自宅などで一人で緊急避妊をするときは一緒に吐き気止めを飲む必要があります。

ヤッペ法による妊娠率は3.2%と報告されていますが、排卵の時期と一致している場合、妊娠率は2倍ほど上昇してしまいます。
いずれにせよ数%は妊娠の確率があるものの、行わないよりは行ったほうがやはりいいですし、プラノバールを使えば妊娠阻止率は格段に上がると考えていいでしょう。
72時間以内に服用することができれば、かなりの高い確率で妊娠を防止することができるので、吐き気を抑えることができれば有効な方法であるといえます。