比較的安価な緊急避妊ならプラノバールを使ったヤッペ法

たくさんの錠剤とカプセル
白いカプセル

どのような方法なのか

従来の緊急避妊法であるヤッペ法ですが、どのような方法なのかご存知ない方もいるかもしれません。ヤッペ法はプラノバールなどの中用量ピルを使い、緊急避妊を行う方法です。よく知らないという方のために、簡単にご説明します。

お皿に乗っているカプセル

ヤッペ法のデメリット

緊急避妊は行った女性が嘔吐してしまうイメージが強いと思いますが、そのようなイメージが強いのには理由があります。プラノバールを使ったヤッペ法のデメリットと一緒に、その理由を説明します。

従来の緊急避妊法

たくさんの薬

セックスはパートナーの愛情確認の方法としては一般的な方法です。
お互いに愛し愛されていることをはっきりとした形で確認することができるため、男性も女性も幸せな気分になることができるでしょう。
しかし、まだ子供はいいかなと考えている場合はしっかりと避妊をする必要がある方法でもあります。
望まない妊娠による中絶は初期の場合でも中期の場合でも女性に負担がかかりますし、また、心にも深い傷を残してしまいます。
さらに中絶を行った場合、将来妊娠しにくくなる可能性もあるため、多くの女性はできることなら中絶したくないと思っています。
そのため、子供が欲しいわけではない場合はしっかり避妊しなくてはなりません。

しかし、それでも避妊に失敗することはあります。
もし避妊に失敗してしまった場合は緊急避妊をする必要があり、その中でも比較的安価に済む方法がヤッペ法です。

ヤッペ法はセックスの後でも避妊ができる緊急避妊法で、1974年にカナダの婦人科医であるアルバート・ヤッペ氏が考案したことから、この名前がつけられました。
国から認可された緊急避妊法ではありませんが、日本国内では婦人科医が独自の判断と責任のもと、プラノバール(緊急避妊薬)などの中用量ピルを用いたヤッペ法を緊急避妊法として行ってきました。
今ではノルレボ法が主流になっていますが、こういった背景やノルレボ錠の認可自体が遅れたこともあり、ヤッペ法は従来の緊急避妊法だといえます。
ノルレボ法よりも安価に緊急避妊をすることができるので、パートナーがいる女性はもちろん、そうでない女性も、もしものときのためにプラノバールなどの緊急避妊薬を手元に置いておくと安心かもしれません。

錠剤

費用はどれくらい?

プラノバールなどのピルを使ったヤッペ法の紹介を続けてきましたが、一番気になるのがどれくらいの費用が必要になるかだと思います。比較的安価に済むと紹介しましたが、具体的にはどれくらいになるのか、相場と一緒に紹介します。

オレンジ色の薬

コンテンツ一覧

「比較的安価な緊急避妊ならプラノバールを使ったヤッペ法」のコンテンツ一覧です。